活動記録

10月15日(日)
総選挙終盤戦へ


 マスコミが自民党が300議席を超える勢いと見出しを躍らせていますが、全くそんな感じはありません。個々の選挙区では、いつもながらの厳しい選挙戦が続いています。
 希望の党が失速してきたのは事実ですが、それは新人候補の所が中心であり、旧民進党現職との戦いは従来どおりの激戦です。一方、新党の立憲民主党は、筋を通したことから人気が集まり、一定の伸びが見込まれています。しかし、これは共産党が選挙協力していることによるものであり、そのため逆に共産党は伸び悩んでいます。
 旧民進党が希望の党、立憲民主党そして無所属と3分割されたのは、ある意味分かりやすくなったのですが、選挙後に野党再編が起きるのではないかと不思議な話も伝わってきます。
 自民党は、政策を愚直に訴え続け、公明党との連立政権を続けていきます。マスコミは、選挙後に自民党内で安倍下ろしが始まることを期待する記事を書いていますが、来年の総裁選挙までは何があっても自民党公明党一丸となって国民生活の向上に努めてまいります。

 10月10日(火)は、早朝、大分市の春日神社で、大分県第1区の穴見陽一候補の神事に参列し、必勝を祈願した後、大分駅南口で、同候補の出陣式に出席し、挨拶しました。午前、臼杵市で、大分県第2区の衛藤征士郎候補の出陣式に出席し、挨拶した後、豊後大野市三重町で、同候補の出陣式に出席し、挨拶しました。午後、豊後高田市で、大分第3区の岩屋毅候補の出陣式に出席し、挨拶した後、宇佐市で、同候補の出陣式に出席し、挨拶しました。

 10月11日(水)及び10月12日(木)は、全日農林水産省の在京当番で役所詰めでした。

 10月13日(金)は、午後、別府市で、九州広告美術業組合連合会(九広連)大分大会に出席し、挨拶した後、夕刻、大分市で、同市出身の平子全日空社長が主催するANAグループ・感謝の夕べに出席しました。同社の歴代スチュワーデス(客室乗務員)の制服が実着で披露されました。

 10月14日(土)は、午前、別府市で、大分県畜産共進会肉用牛の部に出席し、さきの全国共進会宮城大会における内閣総理大臣賞受賞のお祝いの挨拶した後、午後、大分駅南口で、OITAサイクルフェス開会式で大分県自転車競技連盟会長として挨拶しました。その後、クリテリウム(短走路)のE1レースを観戦し、入賞者に表彰状を授与しました。その後、同駅前で、ポルトガル友好関連の出店を激励した後、夕刻、大分市で、大友氏顕彰会が主催し、エステヴェスポルトガル大使を招いた「大分ポルトガル友好の夕べ」に参加し、挨拶しました。

 10月15日(日)は、午前、大分市で、OITAサイクルフェス2日目に当たり、大銀ドーム周辺でロードレースが開催され、P1レース(最上級、120km)において佐藤大分市長と共にダブルスターターを務めました。ロードレースは来年から国際大会となることが予定されており、新たに国際規格の10kmの周回路を設け、近辺の住宅団地の中も回るコースとしました。沿線では、雨の中多くの住民の皆さんが応援してくれました。
 午後、大分市で、大分県看護連盟役員リーダーセミナーに出席し、「政治に近づくために」と題して講演しました。夕刻、OITAサイクルフェスアフターパーティーに出席し、選手やファンの皆さんと懇親しました。

※PCホームページには、たくさんの写真を掲げています。
|上へ|

過去の活動記録

10月9日(月)
還暦

9月24日(日)
衆議院解散へ

9月18日(月)
北朝鮮が再び暴挙

9月10日(日)
全国共進会で内閣総理大臣賞

9月3日(日)
GRA理事会

8月28日(日)
多選批判

8月20日(日)
お盆

8月6日(日)
期せずして

7月30日(日)
正々堂々

7月23日(日)
豪雨被害の調査進む

7月17日(月) 海の日
北部九州大雨災害

7月9日(日)
FAO出席

7月2日(日)
都議選大敗


|トップへ|