活動記録(2018年)(写真にカーソルを当てると解説が出ます。)

■米朝会談の行方 2018年6月17日(日)


 6月12日、シンガポールで、初めての米朝首脳会談が開催されました。和やかな雰囲気の中で、両首脳らが会談し、朝鮮半島の非核化について共同声明を発出しました。ある意味想定どおりの展開であり、まずは両首脳が直接会談することに重点が置かれ、具体的な非核化の行程やその他の諸課題については、先送りするものでした。

 このことについて、世界中の政府やマスコミなどから賛辞と落胆の声が寄せられていますが、アメリカのトランプ大統領が言っているように、北朝鮮による核実験や弾道ミサイルの発射、アメリカによる武力行使は、この協議が続けられている間は免れる状況が作られたのは事実であり、ひとまず良かったと言うべきでありましょう。もちろん、今後完全かつ検証可能で不可逆的な北朝鮮の非核化は行ってもらわねばならず、我が国との間で拉致被害者の解放につなげていく必要があり、そうでなければ今回の会談の意義が没却されるものであるのは、当然のことです。

 6月11日(月)は、午前、都内で、日本経済新聞社が主催するAG/SUM2018(アグリテックサミット)に参加し、挨拶しました。農業漁業の高度技術化を追求する第2回目のシンポジウムであり、自走式農業用ロボットなども展示されていました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、午後、党本部で、街の酒屋さんを守る国会議員の会に出席しました。夕刻、都内のホテルで、柴山昌彦衆議院議員を励ます会に出席した後、都内で、AG/SUM2018レセプションパーティーに参加しました。

 6月12日(火)は、早朝、党本部で、オイスカ国会議員連盟に出席した後、午前、参議院農林水産委員会に出席しました。午後、同委員会に引き続いて出席した後、議員会館で、来客と面談しました。夕刻、都内のホテルで、神道政治連盟国会議員懇談会に出席した後、議員宿舎で、宿舎議員懇談会に出席しました。

 6月13日(水)は、午前、本会議に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、宮城県土地改良事業団体連合会会長の伊藤大崎市長らから要請を受けた後、午後、砂防会館で、農業農村整備の集いに出席しました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、大分県土地改良事業団体連合会の石井常務理事らから要請を受けました。夕刻、都内で、日本バス協会定時会員総会懇親パーティに出席しました。

 6月14日(木)は、早朝、官邸で、副大臣会議に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、内閣委員会に出席した後、午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、同委員会に引き続いて出席し、答弁した後、農林水産省で、レクを受けました。夕刻、都内の飲食店で、戦略研究会懇親会に出席しました。同じ委員会で、副大臣としての答弁と委員としての着席を交互に繰り返したのは、初めてのことでした。

 6月15日(金)は、午前、本会議に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。午後、院内で、参議院政策審議会に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、マスコミの取材を受けた後、農林水産省で、レクを受けました。本会議では、私が関わった3本の議員立法が可決成立しました。公職選挙法の一部改正は参議院選挙区において政見放送にビデオの持ち込みを可とするもの、鉄軌道法の一部改正はJRの災害復旧工事に対する国の補助要件を緩和するもの、海岸漂着物処理推進法の一部改正は災害流出ごみやマイクロプラスチックをこの法律の施策対象として明確に位置付けるものです。

 6月17日(日)は、別府市で、大分県公立高等学校教職員組合定期大会に出席し、挨拶した後、同市議会議員から要請を受けました。夕刻、豊後大野市朝地町で、自民党朝地支部年次大会に出席し、挨拶した後、同市清川町で、自民党清川支部総会に出席し、挨拶しました。清川支部の懇親会では、久方ぶりに卵酒を頂きました。子供の頃熱を出すと母親が作ってくれ、体が温まって寝付くと翌朝には熱が冷めていました。卵が固まらないように作るのが難しいのです。

ページのトップへ

■米朝会談 2018年6月10日(日)


 G7サミットが終わり、世界の耳目は、6月12日に開催されるアメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長との米朝会談に注がれています。予測しがたい両国の指導者同士の会談であり、どういう結末になるのか予断を許しません。様々な事柄が気に掛かりますが、今はただ静かに結果の報道を待つしかないでしょう。

 最後まで激戦だった新潟県知事選挙では、前海上保安庁次長、元同県副知事で自公推薦の花角英世候補が勝利し、ひとまずほっとしました。多くの皆さんの努力の結果です。

 6月4日(月)は、午前、本会議に出席した後、午後、農林水産省で、レクを受けました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、都内のホテルで、全国危険物安全協会設立30周年記念懇親会に出席し、挨拶しました。

 6月5日(火)は、午前、参議院農林水産委員会に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、党本部で、戦略研究会に出席した後、午後、議員会館で、日本会議国会議員懇談会総会に出席しました。その後、PS(公安問題)勉強会に出席した後、農林水産省で、愛知県の山下田原市長ら及び大分県の安東副知事らと面談しました。夕刻、農林水産省大分県人会に参加しました。

 6月6日(水)は、早朝、都内で、大分県平成31年度予算要望説明会に出席した後、午前、院内で、大分県看護連盟の皆さんと面談しました。その後、本会議に出席した後、午後、議員会館で、日露戦争で有名な竹田市出身の広瀬武夫中佐の研究家であり、「広瀬武夫からの絵はがき」の解説者である笹本玲央奈さんと面談しました。その後、農林水産省で、七尾鹿島土地改良推進協議会会長の不嶋七尾市長らから要請を受けた後、吉村山形県知事らから稲作経営の安定化等について要請を受けました。夕刻、都内のホテルで、前参議院議員の若林健太君を励ます会に出席した後、都内の飲食店で、自民党消防議員連盟懇親会に出席しました。

 6月7日(木)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席した後、参議院農林水産委員会に出席しました。その後、議員会館で、来客と面談した後、夕刻、都内で、捕鯨の伝統と食文化を守る会に参加し、おいしい鯨料理を頂きました。

 6月8日(金)は、午前、本会議に出席した後、午後、院内で、参議院政策審議会に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、夕刻、都内のホテルで、LPガス政治連盟通常総会懇親パーティーに出席しました。その後、羽田空港で帰省便に搭乗しましたが、大分空港が濃霧のため着陸できず、羽田空港に引き返しました。

 6月9日(土)は、午前、別府市で、自民党別府市支部連合会総務会に出席し、挨拶した後、同市で、知人の御息女の結婚披露宴に出席しました。双子の姉妹のツインの披露宴であり、私も初めての経験でした。

 6月10日(日)は、午前、大分市で、大分県腎臓病協議会定期総会に出席し、挨拶しました。

ページのトップへ

■参議院選挙制度改革 2018年6月3日(日)


 参議院自民党では、憲法改正によって前回の参議院議員選挙でやむを得ず採用した4県2合区を解消することを目指していました。しかし、現状では、来年施行される選挙までに憲法改正等が間に合う見通しにないことから、公職選挙法の改正により当面の対策を講ずることとしました。

 まず、選挙区では、現在一票の較差が福井県対埼玉県で3.07倍と3倍を超えていることから、埼玉県の定数を2増(改選ごとに1増)することとしました。これにより、福井県対宮城県で2.98倍となります。これまでは1票の価値の大きい2人区から定数削減を行い、一票の価値の小さい3人区以上の選挙区の増員を行ってきましたが、これ以上それを行うと定数削減を行う選挙区の一票の価値が最小となり、一票の較差がむしろ拡大することから、やむを得ず増員で対応するものです。増員ができるのならば、4県2合区も増員で解消してはどうかとの意見もあるでしょうが、それで較差3倍を切るためには定数を50増しなければならず、実現性のある案にはなりません。

 また、比例区では、選択的優先特定枠制度を導入し、各政党の比例代表名簿の一部に優先当選できる特定枠を設けることができることとしました。特定枠以外の候補者は、従来どおり同順位であり、自己の得票の多い順に当選することになります。自民党では、この特定枠に4県2合区で選挙区に候補者を出せない県の候補者を充てることを念頭に置いています。さらに、参議院の行政監視機能を強化するため、比例区を4増(改選ごとに2増)することとしました。合わせて、現在242の定数が248になります。

 この案は、現段階では参議院自民党の案であり、今後、党全体を含め、他党とも調整を進めていかなければなりません。他党には、現在のところ、比例区の増員などに批判が大きく、調整の行方は予断を許しません。

 5月28日(月)は、午後、農林水産省で、レクを受けた後、夕刻、都内の飲食店で、在京後援会役員会の東京新風会に出席しました。

 5月29日(火)は、午前、農林水産省で、福島県遠藤喜多方市長らから農業農村整備事業について要請を受けた後、党本部で、戦略研究会に出席しました。午後、参議院農林水産委員会に出席した後、農林水産省で、河野宮崎県知事らから平成31年度予算について要請を受けました。夕刻、都内のホテルで、大分県下14市議会議員との意見交換会に出席しました。

 5月30日(水)は、早朝、党本部で、治水議員連盟に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁した後、午後、党本部で開催されている神戸市物産展で挨拶しました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、国家基本政策委員会(党首討論)に出席しました。その後、院内で、参議院議員選挙制度改革に関する議員総会に出席した後、夕刻、都内のホテルで、大分県農業会議関係国会議員を囲む懇談会に出席しました。

 5月31日(木)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席した後、参議院農林水産委員会に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、農林水産省で、レクを受けました。

 6月1日(金)は、早朝、党本部で、参議院選挙区の政見放送の改革に関する選挙制度調査会に出席した後、午前、本会議に出席しました。午後、引き続き、本会議に出席しました。午前、午後にわたる久しぶりの「二階建て」の本会議でした。夕刻、日田市天瀬町で、自民党天瀬町支部総会に出席し、挨拶しました。

 6月2日(土)は、午後、大分市内2か所で、街頭演説した後、夕刻、同市で、大分分屯地及び大分弾薬支処創立63周年記念祝賀会に出席し、挨拶しました。

 6月3日(日)は、午後、竹田市で、街頭演説した後、同市荻町で、自民党荻町支部総会に出席し、国政報告及び意見交換をしました。

ページのトップへ

■終盤国会 2018年5月27日(日)


 大型連休が明け、国会が正常化し、法律案を審議する国会は佳境を迎えてきました。農林水産省は9本の法律案を抱え、私は、午前午後に分けて衆議院参議院の農林水産委員会に出席するとともに、その間に参議院本会議にも出席しています。大臣の場合は衆参両院に出席しなければならないのは当然のことですが、私は参議院議員でありながら副大臣としては主として衆議院を担当しているものですから、両方の掛け持ちは結構長時間に及びます。

 そうした中、森友学園問題に関しては財務省の膨大な廃棄文書が提出されるとともに、加計学園問題に関しては愛媛県が内部文書を提出するなど新たな動きが出てきました。財務省のここ1年間の行為は全く許されるものではなく、引き続き、厳正な対処が必要です。一方、中村愛媛県知事の意図は測りかねる部分もありますが、全ての事実関係の解明に向けてきちんとした対応が必要でしょう。

 5月21日(月)は、午前、大分市で、大分県理容生活衛生同業組合通常総代会に出席し、挨拶した後、午後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、レクを受けました。

 5月22日(火)は、早朝、議員会館で、日本会議国会議員懇談会運営委員会に出席した後、午前、農林水産省で、レクを受けました。その後、参議院農林水産委員会に出席した後、午後、引き続き、同委員会に出席しました。夕刻、都内のホテルで、「清和政策研究会との懇親の集い」に出席しました。多くの支援者の皆さんの御参加、誠にありがとうございました。

 5月23日(水)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、党本部で、硫黄山噴火に伴う農業災害に関する災害対策特別委員会・農林部会合同会議に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、同災害に関する緊急自然災害対策本部に出席した後、都内で、日本建設職人社会振興連盟懇親会に出席しました。

 5月24日(木)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席した後、参議院農林水産委員会に出席しました。

 5月25日(金)は、午前、本会議に出席した後、午後、農林水産省で、佐藤山形市長らから産地交付金の予算拡充等について要請を受けました。

 5月27日(日)は、午前、都内で、母校の大分舞鶴高校東京同窓会に出席しました。

ページのトップへ

■硫黄山噴火に伴う農業被害 2018年5月20日(日)


 4月19日に、宮崎県えびの市の硫黄山が噴火し、火口付近からの熱水の噴出に伴い、白濁した水が川内川及びその支流である長江川に注がれました。その結果、一時場所によっては、河川水が強酸性を示すとともに、環境基準値を超えるヒ素が検出されました。こうしたことを受け、流域の同市並びに鹿児島県湧水町及び伊佐市では、同川からの農業用の取水を禁止することとしました。そのため、ブランド米の産地でもある2市1町では、田んぼの約2割程度で田植えを行うことができなくなりました。

 このように火山の噴火によって河川が汚染され、農業被害が生じるというのは、極めて珍しい災害です。5月14日に同地域に出張し、被害状況を視察するとともに、地元の皆さんの御意見を伺ってきました。今年稲作ができなくなった農家に対して転作等の対策を講ずるのが喫緊の課題ですが、地元の皆さんからは、来年度以降の作付けを目指すため、発生源対策をしっかりしてほしいという強い御要請を頂きました。

 5月14日(月)は、終日、鹿児島県及び宮崎県に出張し、硫黄山噴火に伴う農業被害調査を行いました。午前、宮崎県えびの市で、河野宮崎県知事、村岡えびの市長らと共に、河川の汚染状況と営農状況を調査した後、午後、鹿児島県湧水町で、三反園鹿児島県知事と会談しました。その後、同町及び伊佐市で、同県知事、池上同町長、隈元伊佐市長らと共に、同様の状況を調査し、記者会見をしました。夕刻、都内の飲食店で、自治省同期会に出席しました。

 5月15日(火)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、参議院農林水産委員会に出席した後、農林水産省で、春の褒章伝達式に出席し、一人一人に章記及び褒章をお渡ししました。

 5月16日(水)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、衆議院外務委員会に出席し、答弁しました。午前、同院農林水産委員会に出席し、答弁した後、午後、農林水産省で、レクを受けました。その後、引き続き、同委員会に出席し、答弁した後、農林水産省で、河北潟地区国営土地改良事業推進協議会会長の山野金沢市長らから要請を受けました。その後、農林水産省緊急自然災害対策本部に出席した後、夕刻、都内で、木村次郎衆議院議員を励ます会に出席しました。

 5月17日(木)は、午前、参議院農林水産委員会に出席した後、午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、議員会館で、奥塚中津市長ら大分県道路整備促期成同盟会の皆さんから要請を受けました。夕刻、都内のホテルで、白須賀貴樹衆議院議員を励ます会に出席した後、太平洋・島サミット歓迎レセプションに出席し、パラオのレメンゲサウ大統領らと会談しました。

 5月18日(金)は、早朝、党本部で、憲法改正推進本部に出席した後、午前、沖縄振興調査会及び美ら島議員連盟合同会議に出席しました。その後、本会議に出席した後、午後、衆議院内閣委員会に出席し、答弁しました。夕刻、都内の飲食店で、東大クラス会に出席しました。

 5月19日(土)は、山口県で、清風会(参議院細田派)の研修会に参加しました。午後、同県萩市で、松陰神社を参拝し、松下村塾で上田名誉宮司の講話を聴いた後、萩・明倫学舎を見学しました。夕刻、ロシアのプーチン大統領が宿泊した長門市の大谷山荘で、清風会懇親会に参加しました。

 5月20日(日)は、午前、山口県長門市で、安倍総理の御父君で元清和会会長の安倍晋太郎先生の墓参をした後、同市で、連続した赤鳥居で有名な元乃隅稲成神社を参拝しました。その後、下関市で、離島架橋の角島大橋を視察した後、午後、同市で、フンボルトペンギン特別保護区の指定を受けている水族館、海響館を見学しました。夕刻、豊後大野市緒方町で、自民党緒方町支部総会に出席し、国政報告した後、同市三重町で、自民党三重支部総会に出席し、挨拶しました。

ページのトップへ

■石原信雄先生 2018年5月13日(日)


 元内閣官房副長官石原信雄先生による御著書「石原信雄回顧談―官僚の矜持と苦節」出版記念講演会が開催されました。石原先生は、自治事務次官退任後、竹下、宇野、海部、宮澤、細川、羽田、村山の7つの内閣において事務の内閣官房副長官を務めました。政権交代を中に挟み、その後自社さの連立政権にも仕えました。こうしたことは、かつて例はなく、今後もまずあり得ることではありません。

 石原さんが事務次官時代国庫補助負担率引下げ問題が起き、地方財政上の大問題となりました。予算編成が終わってその問題が大蔵自治両省間で決着すると、石原次官が「調整室の諸君にも迷惑を掛けたので、御馳走しよう。」と言っていただきました。当日、一番下っ端の私が早めに店に着くと、既に石原さんが御到着になっていました。「次官どうぞ真ん中のお席の方へ」とお勧めすると、「いや、君にも迷惑を掛けたから、今日は礒崎君が真ん中に座りなさい。」とおっしゃり、石原さんが懇親会の終わりまでずっと下座にお座りのままであったのを、今でもよく覚えています。

 5月7日(月)は、午後、党本部で、郵政事業に関する特命委員会に出席した後、農林水産省で、大分県の奥塚中津市長と面談、同市耶馬溪町の土砂災害について意見交換しました。

 5月8日(火)は、午前、議員会館で、役所のレクを受けた後、午後、党本部で、戦略研究会に出席しました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、夕刻、都内のホテルで、田畑裕明衆議院議員を励ます会に出席しました。

 5月9日(水)は、早朝、党本部で、環境部会に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、夕刻、都内で、元内閣官房副長官の石原信雄先生の出版記念講演会及び懇親会に出席しました。石原先生は、私の自治省入省時の官房長であり、その後、財政局長、事務次官として見習い時代にお仕えし、最近では国政挑戦の際にも大変お世話になりました。

 5月10日(木)は、早朝、都内のホテルで、真宗大谷派関係国会議員同朋の会に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、官邸で、副大臣会議に出席した後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席した後、衆議院本会議に陪席しました。その後、参議院農林水産委員会に出席した後、夕刻、都内のホテルで、日本農業新聞全国大会懇親パーティーに出席し、挨拶しました。

 5月11日(金)は、午前、本会議に出席した後、午後、院内で、参議院政策審議会教育のあり方を考えるプロジェクトチームに出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、農林水産省で、春の勲章伝達式に出席し、一人一人に勲記及び勲章をお渡ししました。

 5月12日(土)は、午前、日出町で、城下かれい祭りに参加し、会場を視察した後、午後、同町の国指定の重要文化財的山荘で、かれい料理を頂きました。その後、同町及び別府駅前で、街頭演説しました。

 5月13日(日)は、午後、大分市トキハ前及び明野アクロス前で、街頭演説しました。

ページのトップへ

■南北会談行われる 2018年5月6日(日)


 4月28日(土)、板門店において、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の間で、11年ぶりの南北トップ会談が行われました。南北朝鮮の皆さんにとっては、国際法上戦争状態にある中で両国のトップが朝鮮半島の非核化を宣言し、平和を誓い合うことは、今後の帰趨は別にしても、喜ばしいことであったと思います。そのことは、隣国日本としても、素直に祝意を表する必要があると思います。その上で、今後とも北朝鮮の動向に十分注視していく必要があります。

 すぐマスコミが日本は蚊帳の外ではなかったのかと意味のないことを言いますが、北朝鮮との関係では、まず南北関係、次に米朝関係、それから日本を始めとする他国の話に及んで来るのは、当然の順序であります。安倍総理と文大統領が電話会談をし、拉致問題についても金国務委員長に伝えてくれたとの話があり、南北会談では日本のことにも言及されていました。世界の目は、次に行われる米朝会談に移っていきます。

 4月23日(月)は、午後、農林水産省で、愛知県の山下田原市長らから畜産クラスター事業等に関する要請を受けた後、議員会館で、来客と面談しました。その後、役所のレクを受けました。

 4月24日(火)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、午後、党本部で、戦略研究会に出席しました。その後、環境・温暖化対策調査会に出席し、海岸漂着物処理推進法の一部改正について議論した後、議員会館で、役所のレクを受けました。夕刻、都内のホテルで、井原巧参議院議員を励ます会に出席しました。

 4月25日(水)は、早朝、党本部で、環境部会に出席した後、午前、本会議に出席しました。午後、農林水産省で、レクを受けた後、党本部で、自民党国際局外交関係勉強会に出席しました。その後、災害対策特別委員会に出席し、災害対策基本法の一部改正について議論した後、夕刻、都内のホテルで、総務省自治財政局OB会の霞修会に出席しました。

 4月26日(木)は、午前、農林水産省で、日本中央競馬会の町田副理事長と面談した後、午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、党本部で、清和政策研究会政策委員会に出席しました。夕刻、都内のホテルで、堀井学衆議院議員を励ます会に出席しました。

 4月30日(月)は、午後、別府市で、会長を務める大分県自転車競技連盟の総会に出席し、挨拶しました。総会では、今秋大分市で開催のOITAサイクルフェス2018!!!を初めての「国際大会」として実施することが報告されました。

 5月3日(木)憲法記念日は、午前、大分市佐賀関で、早吸日女神社ふじ祭に参列した後、午後、同市で、憲法講演会に出席し、岩屋毅衆議院議員らと共に、憲法改正について講演しました。

ページのトップへ

■中津市耶馬溪町で救出作業継続 2018年4月22日(日)


 中津市耶馬溪町の土砂災害で6人の方が被災し、私が現地視察をしてから既に1週間が経過しました。ようやく4月23日未明までに全ての方が発見されました。心から哀悼の意を表するとともに、御家族の皆さんにお悔やみ申し上げます。関係機関の昼夜を分かたない御尽力にも、敬意を表します。なお、土砂災害の災害復旧については、林野庁の事業で行うことになりました。

 この週間も、財務省の福田事務次官のセクハラ疑惑による辞任表明、文部科学省で柳瀬元総理秘書官の面会に関するメールの発見、麻生財務大臣の辞任を求めて野党の審議拒否など様々な事が起きました。一方で、安倍総理とアメリカのトランプ大統領との間で米朝会談等をめぐる会談が行われるとともに、その後北朝鮮は核実験場の閉鎖を声明しました。

 めまぐるしい国内外の政治状況ですが、早期に安定した政治を取り戻し、あらゆる課題に万全に対応できるよう体勢を立て直さなければなりません。それぞれの人が、しっかりと説明責任を果たすことが重要です。

 4月16日(月)は、午後、農林水産省で、佐々木豊後高田市長らから今年度採択された西国東地区直轄海岸保全事業について要請を受けました。

 4月17日(火)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、参議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。

 4月18日(水)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、引き続き、同委員会に出席し、答弁した後、農林水産省で、レクを受けました。

 4月19日(木)は、早朝、党本部で、災害対策特別委員会に出席した後、午前、参議院農林水産委員会に出席しました。午後、引き続き、同委員会に出席しました。

 4月20日(金)は、午前、議員会館で、自民党大分県議団の要請活動を受けた後、午後、農林水産省で、レクを受けました。夕刻、都内のホテルで、自民党都道府県議会議員研修会の懇親会に出席しました。

ページのトップへ

■中津市で大規模な土砂災害 2018年4月15日(日)


 4月11日(水)未明、中津市耶馬溪町で、大規模な土砂崩れが発生し、3棟6人の方が巻き込まれ、うち2人の方の死亡が確認され、なお4人の方の安否が不明な状態にあります。なお安否が不明な皆さんの一刻も早い救出をお祈りするとともに、お亡くなりになった方の御家族の皆さんに哀悼の意を表します。

 今回の災害は、全く降雨のない状態で発生し、メカニズムの解明には時間を要しますが、地層上部の火山灰に由来する岩石層が地下水等の影響で一気に崩落したものと考えられています。崩落は、最大の所で20メートルに及んでいました。こうした新たなタイプの災害の原因を究明し、今後の災害対策に活かしていかなければなりません。

 4月9日(月)は、午前、大分市で、大分県護国神社春季例大祭に参列した後、午後、農林水産省で、大分県の安東副知事と面談しました。夕刻、都内のホテルで、参議院細田派の清風会の期別懇親会に出席しました。

 4月10日(火)は、午前、参議院農林水産委員会に出席した後、午後、引き続き、同委員会に出席しました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、議員会館で、来客と面談しました。

 4月11日(水)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、農林水産省で、田中佐伯市長と面談した後、地理的表示(GI)登録証授与式に出席し、秋田県の「松館しぼり大根」、長崎県の「対州そば」及び山形県の「山形セルリー」の生産者の皆さんに登録証を交付しました。

 4月12日(木)は、早朝、東京都の築地市場を視察した後、午前、議員会館で、佐藤大分市長と面談しました。その後、農林水産省で、宮崎県の読谷山延岡市長と面談した後、午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、農林水産省で、岩手県土地改良事業団体連合会の及川会長らから要請を受けた後、党本部で、清和政策研究会政策委員会に出席しました。夕刻、都内のホテルで、古川俊治参議院議員を励ます会に出席しました。

 4月13日(金)は、早朝、党本部で、災害対策特別委員会に出席した後、午前、本会議に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、衆議院文部科学委員会に出席し、答弁しました。午後、党本部で、総務部会に出席した後、衆議院内閣委員会に出席し、答弁しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けました。

 4月14日(土)は、午前、大分市で、後援会等主催の「いそざき陽輔さんを励ます会」が開催され、現在の政治情勢等について国政報告をした後、午後、同市で、九州河川国道事務所の今田所長らから国土交通省本年度予算について説明を受けました。

 4月15日(日)は、午前、中津市耶馬渓町で、安藤大分県副知事、奥塚同市長らと共に、土砂災害の現地を視察した後、避難されている皆さんをお見舞いしました。午後、豊後大野市三重町で、元大分県議会議長の後藤利夫氏のお通夜に、竹田市直入町で、前九州アルプス商工会会長の秦安廣氏のお通夜に参列しました。夕刻、同町で、自民党直入町支部総会に出席し、挨拶しました。

ページのトップへ

■霞が関の矜持 2018年4月8日(日)


 防衛省で、イラク派遣の日報が発見されていたにもかかわらず、防衛大臣に報告されていなかったという事件が起きました。まだ事態の詳細は報告されていないので、現時点で断定的なことは言えませんが、重大な事態として捉えるべきでしょう。日報探索の指示が出されているにもかかわらず、その時に発見できず後から資料が出てきたことももちろん問題ですが、その事実が大臣らに長期間報告されていなかったということの方がはるかに重大な問題です。「シビリアンコントロール(文民統制)が機能していないのではないか。」という批判を受けるのも、致し方ありません。

 中央省庁においては、これまでにも様々な事件が起きてきました。しかし、その多くは個々の公務員が責めを負うべき事件であって、行政が組織として不正なことは絶対にしないというラインは守られてきたと、私は考えています。今回財務省による公文書の書き換え事件も発生し、霞が関出身の人間としては決して遣いたくない言葉ですが、霞が関の劣化(防衛省は、霞が関にありませんが)が進んでいるのではないかと危惧しています。

 一方で、公務員の行政能力の低下も、指摘されています。今、日本の公務員の矜持(きょうじ)というものが問われています。こうした事件の続発が飽くまで偶然のことであり、行政組織の総体としては公僕としての使命感がしっかりと維持されていることを、私は信じたいと思います。

 4月2日(月)は、午前、農林水産省で、平成30年度入省式に出席した後、農業・食品産業技術総合研究機構の久間和生新理事長と面談しました。午後、議員会館で、歯科技工士に関する制度推進議員連盟に出席しました。

 4月3日(火)は、午前、衆議院東日本大震災復興特別委員会に出席し、答弁した後、参議院農林水産委員会に出席しました。午後、農林水産省で、レクを受けた後、夕刻、都内で、海事振興連盟主催の桜と日本酒を愛でる会に出席しました。

 4月4日(水)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、院内で、参議院政策審議会内政国家ビジョン策定プロジェクトに出席し、慶應義塾大学の権丈善一商学部教授の講演を聴いた後、引き続き、同委員会に出席しました。その後、党本部で、地方議員年金プロジェクトチームに出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。

 4月5日(木)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、官邸で、副大臣会議に出席し、公共建築物の木造化について発言しました。午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁した後、午後、党本部で、清和政策研究会に出席しました。その後、参議院農林水産委員会に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。夕刻、都内の飲食店で、参議院自民党同期会の一七会に出席しました。

 4月6日(金)は、午前、本会議に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。午後、議員会館で、来客と面談しました。

 4月7日(土)は、午前、大分事務所で、スタッフ会議に出席した後、大分市で、知人の御子息の結婚披露宴に出席しました。

 4月8日(日)は、午前、別府市で、陸上自衛隊別府駐屯地自衛官候補生入隊式に出席し、挨拶した後、午後、同市で、自民党ヒューマンライツおおいた支部懇親会に出席し、挨拶しました。

ページのトップへ

■佐川証言をどう読むか 2018年4月1日(日)


 佐川前理財局長の証人喚問が衆参の予算委員会で行われました。一部の質問について証言拒否があったのは残念でしたが、告発を受けている現状ではやむを得ないものがあります。
 私は、ある程度の事実は、明確になったものと思います。佐川氏が公文書の書き換えは理財局の中で行ったものであることを認めたことから、理財局内においては、当時の佐川局長の指示又は了承の下にそれが行われたことは確かでしょう。また、その理由について佐川氏は語りませんでしたが、太田理財局長が書き換えは当時の佐川理財局長の答弁との整合性を保つために行われたと既に答弁しており、そのことに尽きるのではないでしょうか。ここまでは、事実であろうと思われます。

 それでは、なぜ公文書の書き換えという大それたことまでしなければならなかったかということは、佐川氏は語っておらず、依然謎のままです。役所の中で行われたことだと佐川氏が認めているわけですから、その全容は、現在財務省で行われている内部調査においてきちんと解明されなければなりません。
 一方で、佐川氏は、政治家等からの働き掛けについては、公文書の書き換えについても、公有地の売却についても、明確に否定しました。野党は、このことについて、憤まんやる方ないという様子ですが、具体的な新証拠が出てこない限り、偽証罪で担保されている証言であるので、信用すべきものと考えます。

 そして、一番重要なことは、森友学園への公有地の売却が適正に行われたのかどうかということです。忖度(そんたく)云々と言っても、売却が適正に行われたのであれば、それを議論する余地はないからです。このことについて、マスコミはできるだけ触れないようにしていますが、現段階で、財務省も佐川氏も、それが適正に行われたという立場を崩しているわけではありません。
 そうは言うものの、公文書の書き換えという佐川氏の関わった不可解な行動の「動機」が解明されない限り、佐川氏本人も認めているように、事件全体について釈然としないというのが国民の皆さんのお気持ちでしょう。財務省は自ら、検察は司法の立場から、できるだけ早い時期に、そのことを国民の前に明らかにする必要があるのは、言うまでもありません。

 3月26日(月)は、午後、農林水産省で、レクを受けました。

 3月27日(火)は、午前、議員会館で、役所のレクを受けた後、午後、党本部で、戦略研究会に出席しました。その後、参議院農林水産委員会に出席した後、議員会館で、JR九州の役員と面談しました。その後、農林水産省で、愛知県の内田岡崎市長らから八丁味噌の地理的表示保護制度登録について要請を受けた後、夕刻、都内のホテルで、産業競争力懇談会(COCN)全体会議に出席し、挨拶しました。

 3月28日(水)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、農林水産省で、食料・農業・農村政策審議会食糧部会に出席し、挨拶した後、党本部で、水産総合調査会に出席し、挨拶しました。夕刻、本会議に出席し、平成30年度予算案が可決成立しました。

 3月29日(木)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、参議院農林水産委員会に出席しました。午後、衆議院本会議に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、夕刻、千鳥ヶ淵の農林水産省共用会議所で、農林水産大臣主催の観桜会に出席し、各国大使らと歓談しました。

 3月30日(金)は、午後、本会議に出席し、日切れ法案を処理した後、夕刻、日田市で、自民党大分県連懇親会に出席しました。

 3月31日(土)は、午前、日田市小野地区で、九州北部豪雨による災害現場を視察した後、同市で、自民党大分県連年次大会に出席し、挨拶しました。

 4月1日(日)は、午後、大分市で、自民党明治校区支部定期総会に出席し、挨拶しました。

ページのトップへ

■憲法第9条改正案の本部長一任決まる 2018年3月25日(日)


 今週は、衆参両院で佐川前理財局長の証人喚問が行われますが、その解説については、トップページの「佐川前理財局長へ告げる」を是非御覧ください。全てを洗いざらい正直に証言することを期待します。

 自民党の憲法改正推進本部では、憲法第9条の改正案について、長時間の議論を経て細田本部長に一任することを決定しました。これで、自民党の憲法改正検討項目4項目の全てについて当面の議論が一段落したことになります。まだ、完全に改正条文案が決まったわけではありませんので、引き続き、党内外の様々な場所で議論が続けられます。

 第9条の改正案では、現行の同条第2項をそのまま残すこととしました。同項は、戦力の不保持と交戦権の否認を定めた規定ですが、同条第1項とともに「自衛権の行使は必要最小限度でなければならない。」という政府解釈の根拠になってきたものです。それを残すことにより、その政府解釈を変えないことを明らかにするものです。その上で、自衛隊の保持については、第9条の2を新たに設けて規定することとしました。

 3月19日(月)は、午後、院内で、参議院政策審議会クールジャパン戦略推進プロジェクチームに出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、官邸で、イノベーション戦略調整会議に出席し、同省を代表して発言した後、夕刻、都内のホテルで、参議院農林水産委員会委員懇談会及び島尻安伊子前参議院議員を励ます会に出席しました。

 3月20日(火)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、引き続き、同委員会に出席した後、参議院農林水産委員会に出席しました。

 3月22日(木)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。その後、党本部で、環境・温暖化対策調査会海洋ごみ対策検討チームに出席した後、午後、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、参議院農林水産委員会に出席した後、党本部で、憲法改正推進本部に出席し、憲法第9条改正案について議論しました。

 3月23日(金)は、早朝、党本部で、選挙制度調査会に出席した後、午前、本会議に出席しました。その後、参議院農林水産委員会に出席した後、午後、農林水産省で、水産庁の漁業取締本部に出席し、初めての「漁業取締方針」を決定しました。その後、引き続き、同委員会に出席しました。

 3月25日(日)は、午前、都内のホテルで、第85回自由民主党定期党大会が開催され、出席しました。安倍総裁が憲法改正等について力強い演説をするとともに、スケートの高木美帆選手や歌手の谷村新司さんがゲスト出演しました。

ページのトップへ

■森友学園問題のマスコミ報道 2018年3月18日(日)


 財務省による公文書の書き換えが許されざるものであることは、「私の主張」に書いたとおりです。しかし、一方で、何の証拠もないのに総理やその周辺の人たちへの批判を強めるマスコミの報道の在り方には、閉口するものがあります。

 確かに当時の佐川理財局長が何のために国会で虚偽の答弁をし、それに合わせるために公文書の書き換えをさせたのか、動機に疑問があるのは事実であり、今後国会で徹底的に解明されるべきでしょう。しかし、現段階で、そのことについて政治の介入があった証拠はどこにもないのです。総理の国会答弁を忖度したのではないかとの指摘もありますが、仮にそうであっても、それは忖度した側の責任であって、総理に責任があるわけではありません。

 また、総理夫人の昭恵さんに対する報道は、異常です。地位のある政治家の妻であれば、夫人独自の公的活動をするのはあり得ることであり、そのことは何も責められるものではありません。籠池氏側との交流については、昭恵さん自身が不明であったと反省していますが、それを判断するだけの情報を事前に持ち得たのでしょうか。今回の事件では、悪い人に利用された被害者の立場にあると見るのが正しい認識であると考えます。書き換え前の財務省文書には要すれば「(公有地売却の)『話を前に進めてください。』と昭恵さんが言ったと、籠池氏が言った。」と書かれてあったのです。籠池氏の発言であったことも、マスコミは曖昧にしています。

 公文書の書き換え問題は、徹底的に解明されなければなりません。しかし、現段階では、それに政治が介入した証拠はどこにもありません。くわえて、「私の主張」にも書いたように、森友学園への公有地の売却が適正でなかったという証拠も現在のところありません。他人を批判するには事実に基づくことが必要であり、憶測によるマスコミ報道が続くことを危惧します。大きな人権問題です。

 3月12日(月)は、午後、農林水産省で、レクを受けた後、議員会館で、オイスカ国会議員連盟50周年記念行事レセプションに出席し、同省を代表して挨拶しました。

 3月13日(火)は、早朝、党本部で、選挙制度調査会に出席した後、午前、戦略研究会に出席しました。午後、都内で、きのこ料理コンクール全国大会に出席し、挨拶した後、農林水産省で、レクを受けました。夕刻、都内のホテルで、細田健一衆議院議員を励ます会に出席しました。

 3月14日(水)は、午後、院内で、参議院政策審議会クールジャパン戦略推進プロジェクトチームに出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。夕刻、都内のホテルで、務台俊介衆議院議員を励ます会に出席しました。

 3月15日(木)は、早朝、農林水産省で、レクを受けた後、午前、衆議院農林水産委員会に出席し、答弁しました。午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、党本部で、憲法改正推進本部に出席し、第9条改正案について3時間にわたって議論しました。

 3月16日(金)は、早朝、党本部で、農林・食料戦略調査会に出席した後、午前、本会議に出席しました。午後、院内で、参議院政策審議会外交国家ビジョンプロジェクトチームに出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、議員会館で、マスコミの取材を受けました。

ページのトップへ

■東日本大震災7周年 2018年3月11日(日)


 3月11日(日)、国立劇場で挙行された東日本大震災追悼式に参列しました。改めてお亡くなりになった方々に哀悼の意を捧げ、今なお避難生活を続ける皆様にお見舞いを申し上げます。あわせて、復興のため多大な御尽力をいただいている皆様に心から敬意を表します。
 大震災後2週間余り国会は休会していましたが、再開国会の冒頭参議院予算委員会のトップバッターとして質問に立ったのは、私でした。防災服を着用して閣僚席に居並ぶ大臣たちを前に、やさしい質問にすべきか、厳しい質問にすべきか随分悩みました。しかし、結局、意を決して相当厳しい質問をしたのを覚えています。

 3月5日(月)は、午後、農林水産省で、食品産業生産性向上フォーラムに出席し、挨拶した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、党本部で、たばこ議員連盟臨時総会に出席した後、夕刻、都内の飲食店で、在京後援会役員会の東京新風会に出席しました。

 3月6日(火)は、午前、党本部で、党・政治制度改革実行本部に出席し、読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏の講演を聞いた後、午後、衆議院農林水産委員会に出席し、農林水産省予算について説明しました。その後、都内で、日本消防協会定例表彰式に出席した後、農林水産省で、香川県の大西高松市長から盆栽の輸出振興について要請を受けました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、夕刻、都内のホテルで、塩谷立衆議院議員を励ます会に出席しました。

 3月7日(水)は、午前、両国国技館で、天皇皇后両陛下の御臨席の下開催された自治体消防制度70周年記念式典に出席した後、午後、農林水産省で、レクを受けました。その後、議員会館で、来客と面談した後、憲法改正推進本部に出席し、緊急事態対応について議論しました。

 3月8日(木)は、早朝、党本部で、選挙制度調査会に出席し、被選挙権年齢の引下げについて議論した後、午前、党・政治制度改革実行本部勉強会に出席し、政治評論家の篠原文也氏の講演を聴きました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、党本部で、石油流通問題議員連盟役員会に出席しました。午後、参議院農林水産委員会に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、都内で、前全国漁業協同組合連合会会長の服部郁弘さんの旭日重光章受章祝賀会に出席し、祝辞を述べました。

 3月9日(金)は、早朝、農林水産省で、地震災害対策本部に出席した後、午前、本会議に出席しました。午後、院内で、参議院政策審議会内政国家ビジョン策定プロジェクトに出席した後、東大農学部で、飼料用米多収日本一・飼料用米活用畜産物ブランド日本一表彰式に出席し、農林水産大臣賞を授与しました。日出町の鈴木養鶏場が活用畜産物ブランド部門で次席に当たる農林水産省政策統括官賞を受賞しました。

 3月10日(土)は、午前、大分事務所で、史跡大友氏遺跡について大分市役所のレクを受けた後、夕刻、大分市で、日本造園建設業協会大分県支部懇親会に出席しました。

 3月11日(日)は、午後、国立劇場で、秋篠宮同妃両殿下の御臨席の下、東日本大震災七周年追悼式が挙行され、参列しました。

ページのトップへ

■憲法第9条の改正議論 2018年3月4日(日)


 憲法第9条第2項を削除するかどうかがマスコミの注目を集めています。同項は、戦力の不保持と交戦権の否認を定めており、第1項とともに「必要最小限度の自衛権しか行使できない」という政府解釈の根拠となっています。一方で、「戦力」の不保持と「自衛隊」の存在について議論があることから、この項を削除すべきであるという意見があり、平成24年の自民党憲法改正草案でもその趣旨の改正規定が置かれています。
 しかし、第2項を単純に削除すると日本は他国と同様の「普通の国」となり、国際法で認められている個別的自衛権、集団的自衛権及び集団安全保障の全ての自衛権が認められることとなるのであって、現行の個別的自衛権や集団的自衛権の一部しか認められていない状況が大きく変わることになります。そこで、第2項を削除しつつ別条で「必要最小限度の自衛権」の行使しか認められないことを定めるという意見もあるでしょう。
 私は、他党や多くの国民の賛同を得るため、現行の第9条はそのままにしておいて、次条で「必要最小限度の自衛権」を行使するための実力組織としての自衛隊の保持を定めることを提案しています。

 2月26日(月)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、衆議院予算委員会第6分科会に出席し、答弁しました。午後、農林水産省で、レクを受けた後、議員会館で、沖縄振興開発金融公庫の川上理事長と面談しました。

 2月27日(火)は、午前、農林水産省で、鳥獣被害対策優良活動表彰式に出席し、農林水産大臣賞を授与した後、党本部で、戦略研究会に出席しました。午後、議員会館で、ロイヤル・カリビアン・クルーズ社の役員と面談した後、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、全国町村会会長の荒木熊本県嘉島町長らから大雪災害について要請を受けた後、議員会館で、憲法改正プロジェクト勉強会に出席しました。

 2月28日(水)は、午前、党本部で、九州国会議員の会に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。午後、院内で、参議院自民党クールジャパン戦略推進プロジェクトチームに出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、党本部で、憲法改正推進本部に出席し、憲法第9条の改正について議論した後、夕刻、都内で、水産経済新聞社主催の水産政策推進の集いに出席し、挨拶しました。

 3月1日(木)は、早朝、官邸で、副大臣会議に出席した後、午前、議員会館で、役所のレクを受けました。午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席した後、農林水産省で、未来につながる持続可能な農業推進コンクール表彰式に出席し、農林水産大臣賞を授与しました。

 3月2日(金)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、午後、議員会館で、警備業のさらなる発展を応援する議員連盟に出席しました。その後、佐伯市議会の皆さんから要請を受けた後、役所のレクを受けました。その後、マスコミの取材を受けた後、農林水産省で、福井市農業協同組合の皆さんから豪雪対策について要請を受けました。

 3月3日(土)は、夕刻、都内で、高校同期の大分舞鶴高校首都圏同窓会に出席しました。

ページのトップへ

■受動喫煙防止法案まとまる 2018年2月25日(日)


 政府自民党の間で1年以上にわたって議論を続けてきた受動喫煙防止法案が、厚生労働部会でようやくまとまりました。この問題は、一にも二にも健康への配慮を優先すべきだと主張する推進派の皆さんとたばこ耕作者やたばこ販売業者、飲食店などにも配慮して緩やかな規制を求める慎重派の皆さんの対立があり、議論に長い時間を要しました。このように主張の立脚点に全く交わりがないと、議論はし烈なものになります。
 私は、若い頃通称ショートピースを吸っていましたが、35歳の時に止め、今では全くたばこを吸っていません。一方、大分県は全国でも有数なたばこ産地の一つであり、自民党のたばこ議員連盟に所属しています。厚生労働部会では、推進派の皆さんと慎重派の皆さんの調整の成果に対して敬意を表するとともに、たばこの規制については、地方公共団体の条例による上乗せ規制が可能であり、地域の実情に即した対応ができることを両派ともよく理解すべきである旨を主張し、政府案を支持しました。

 2月19日(月)は、午後、議員会館で、役所のレクを受けた後、農林水産省で、レクを受けました。その後、党本部で、農林・食料戦略調査会に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。

 2月20日(火)は、午前、党本部で、戦略研究会に出席した後、午後、院内で、参議院政策審議会外交国家ビジョン策定プロジェクトに出席し、国際政治学の篠田英朗東京外国語大学教授の講演を聴きました。その後、農林水産省で、日本農林規格(JAS)調査会に出席し、挨拶した後、議員会館で、役所のレクを受けました。

 2月21日(水)は、午前、党本部で、憲法改正推進本部に出席し、教育環境の整備について議論した後、午後、農林水産省で、浜松市認定農業者協議会の皆さんから要請を受けました。その後、議員会館で、スポーツ歯科推進議員連盟の設立総会に出席しました。

 2月22日(木)は、早朝、党本部で、厚生労働部会に出席し、受動喫煙の防止に関する健康増進法改正案について議論した後、午後、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、夕刻、都内のホテルで、参議院同期副大臣懇親会に出席しました。

 2月23日(金)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、衆議院予算委員会第六分科会に出席し、答弁しました。午後、都内のホテルで、訪日中のチリのバチェレ大統領主催の昼食会に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。

 2月25日(日)は、午後、竹田市久住町で、自民党久住支部総会に出席し、挨拶した後、懇親会に出席しました。

ページのトップへ

■大分市内のJR駅無人化 2018年2月18日(日)


 JR九州が、大分市内の駅について、今春、基幹駅である大分駅及び貨物駅である西大分駅をを除き、8駅を無人化し、既無人駅の2駅とともに機械管理によるスマート・サポート・ステーション(SSS)を導入することを打ち出し、大分県内でも大きな反響がありました。SSSは既に福岡県の筑豊本線及び香椎線の一部で導入されていますが、県庁所在地である大分市における余りに性急な駅の無人化に対し、批判が出ていました。
 こうしたことから、自民党大分市連や市当局の尽力もあり、JR九州と交渉した結果、当初の計画を概ね半減させることができました。具体的には、既に無人化している滝尾駅及び幸崎駅に加えて、牧駅においては、今春から計画どおりSSSを導入しますが、敷戸駅及び大分大学前駅については、バリアフリー化工事完了後の導入となりました。その他の5駅すなわち高城駅、鶴崎駅、大在駅、坂ノ市駅及び中判田駅においては、他の駅におけるSSS導入の状況を検証した上で、バリアフリー化工事完了後、将来その扱いについて検討することとなりました。また、障害者対策についても、きちんと講ずることとされました。

 2月13日(火)は、午後、農林水産省で、レクを受けた後、院内で、石垣市長選挙打合せ会に出席しました。その後、農林水産省で、レクを受けた後、夕刻、都内のホテルで、吉川ゆうみ参議院議員を励ます会に出席しました。

 2月14日(水)は、午前、本会議に出席した後、農林水産省で、佐賀県農業・農村振興議員連盟の皆さんから要請を受けました。その後、党本部で、環境・温暖化対策調査会出席し、海岸漂着物処理推進法の改正について議論した後、午後、院内で、参議院政策審議会に出席し、郵政事業のユニバーサルサービスについて議論しました。
 その後、都内で、日本建設職人社会振興連盟主催の建設職人基本法「見える化」大会に出席し、挨拶した後、農林水産省で、浜田香川県知事と面談し、鳥インフルエンザ対策について報告を受けました。その後、院内で、前参議院議長の山崎正昭議員の肖像掲額式に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。夕刻、都内のホテルで、片山さつき参議院議員を励ます会に出席しました。

 2月15日(木)は、午前、党本部で、法務部会に出席し、成人年齢を引き下げる民法改正案について議論した後、農林水産省で、レクを受けました。午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席した後、国立市で、第2回ジビエ料理コンテスト表彰式に出席し、農林水産大臣賞を授与するとともに、入賞作品を試食しました。その後、党本部で、戦没者遺骨帰還に関する特命委員会に出席した後、議員会館で、公安問題勉強会に出席しました。

 2月16日(金)は、早朝、党本部で、憲法改正推進本部に出席し、参議院選挙区合区解消等について議論した後、午前、農林水産省で、レクを受けました。午後、党本部で、農林・食糧戦略調査会に出席した後、夕刻、津久見市で、大分県建設業協会津久見支部新年互礼会に出席し、挨拶しました。

 2月17日(土)は、午前、大分市で、国土交通省主催の大分川ダム湛水式に出席し、挨拶した後、午後、同市で、大分県西部地区郵便局長会通常総会に出席し、挨拶しました。夕刻、同市で、同会懇親会に参加しました。

ページのトップへ

■平昌オリンピック開幕 2018年2月12日(月)


 韓国平昌で、極東における政治情勢が緊迫する中、冬のオリンピックが開会しました。何はともあれ、隣国で平和の祭典が開催されたことを素直に喜ぶとともに、日本勢の活躍に期待したいと思います。もう、次はいよいよ2020年の東京オリンピック・パラリンピックということになりました。ただし、その前に、来年、私の番の参議院議員通常選挙が施行されるとともに、その後、2019ラグビーワールドカップが大分県を始め全国各地で開催されることは、大きな声で言っておかなければなりません。

 2月5日(月)は、午後、議員会館で、役所のレクを受けた後、農林水産省で、沖縄県の浦崎副知事らから日台・日中漁業協定等について要請を受けました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、夕刻、都内で、亀岡偉民衆議院議員を励ます会に出席しました。

 2月6日(火)は、午後、農林水産省で、レクを受けました。

 2月7日(水)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、午後、院内で、参議院政策審議会に出席しました。その後、議員会館で、マスコミの取材を受けた後、役所のレクを受けました。その後、党本部で、憲法改正推進本部に出席し、憲法第9条の改正について議論した後、夕刻、都内のホテルで、金美齢さんの旭日小綬章受章記念パーティーに安倍総理らと共に出席しました。

 2月8日(木)は、早朝、党本部で、農林・食料戦略調査会に出席した後、午前、議員会館で、JR九州の青柳社長と面談しました。その後、党本部で、法務部会に出席し、成人年齢引下げについて議論した後、午後、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、農林水産省で、レクを受けました。

 2月9日(金)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、午後、都内のホテルで、大分県出身の皆さんの両豊倶楽部新年の集いに出席しました。その後、農林水産省で、福井県の藤田副知事から農業農村整備事業等について要請を受けた後、議員会館で、役所のレクを受けました。

 2月12日(月)は、午前、大分市で、由布市商工会会長利光直人さんの旭日双光章受章祝賀会に出席し、挨拶しました。

ページのトップへ

■憲法改正議論再開 2018年2月4日(日)


 通常国会が召集され、自民党における憲法改正議論が再開されました。自民党では、①自衛隊の位置付け、②参議院選挙区合区の解消、③教育の平等の確保及び④緊急事態条項の4点に集中して、議論を進めています。その間、マスコミや他党から様々な意見を頂いていますが、まずは自民党内の意見集約に全力を尽くします。自民党としての案ができた後に、他党の意見にもしっかり耳を傾け、憲法改正原案の策定に努力することになります。
 憲法という国民生活にとって最も重要な規範について議論を交わしているわけですから、自民党内にも様々な意見があるのは当然のことです。そうした自由闊達な意見交換を通じて、最後にきちんと意見集約ができるのも、自民党ならではのことです。

 1月29日(月)は、午後、農林水産省で、ジビエカレーを試食した後、議員会館で、宮本周司参議院議員と後援会広報紙「新風会だより」の対談をしました。その後、農林水産省で、静岡県の小野伊東市長らから太陽光発電施設の規制について要請を受けた後、議員会館で、役所のレクを受けました。夕刻、都内のホテルで、谷公一衆議院議員を励ます会に出席しました。

 1月30日(火)は、早朝、党本部で、総務部会に出席した後、午後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、京都府の宮津市議会の皆さんから有害鳥獣被害対策について要請を受けた後、河野宮崎県知事と面談しました。

 1月31日(水)は、早朝、党本部で、憲法改正推進本部に出席し、緊急事態条項について議論した後、午前、議員会館で、役所のレクを受けました。午後、党本部で、自然と農山村を守る狩猟の集いに参加し、餅つきやシカ料理の試食などをした後、農林水産省で、レクを受けました。その後、党本部で、漁港漁場漁村整備促進議員連盟総会に出席し、挨拶した後、議員会館で、役所のレクを受けました。

 2月1日(木)は、早朝、官邸で、副大臣会議に出席した後、午前、党本部で、法務部会に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、議員会館で、ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、本会議に出席し、補正予算案を採決した後、農林水産委員会に出席しました。夕刻、党本部で、全国漁業組合連合会主催の漁業の成長産業化に向けた誓いと感謝の夕べに参加しました。

 2月2日(金)は、午前、議員会館で、役所のレクを受けた後、都内のホテルで、宮島喜文参議院議員政経セミナーに出席しました。午後、農林水産省で、レクを受けた後、夕刻、大分市で、自民党の秦野大分市連会長らと面談しました。

 2月3日(土)は、午前、大分事務所で、スタッフ会議に出席した後、夕刻、大分市で、首藤竹田市長らと面談しました。

ページのトップへ

■通常国会始まる 2018年1月28日(日)


 通常国会が召集されました。昨年のテロ等準備罪の成立をもって安全保障関係の法案が一段落し、大きな与野党対決法案は見えません。働き方改革法案が最大の懸案法案とされています。憲法改正手続が国会内でどれだけ進むかも、注目点です。農林水産省では、今年も、9本と多くの法案を提出します。

 1月22日(月)は、午前、通常国会が召集され、本会議に出席した後、院内で、自民党両院議員総会に出席しました。午後、参議院本会議場で、天皇陛下の御臨席を仰ぎ、開会式に出席した後、農林水産省で、レクを受けました。その後、本会議に出席し、安倍総理の施政方針演説など政府4演説を聞きました。

 1月23日(火)は、午前、議員会館で、瀬戸内海再生議員連盟に出席した後、午後、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、大分県の安東副知事から要請を受けた後、夕刻、都内で、大分県関係者の春秋会に出席しました。

 1月24日(水)は、午前、千葉県市川市で、思召しにより宮内庁新浜鴨場にお招きを賜り、鴨猟をした後、参加の皆さんと会食しました。午後、農林水産省で、大阪府の竹内副知事らから要請を受けた後、議員会館で、役所のレクを受けました。夕刻、都内のホテルで、全国危険物安全協会意見交換会に出席した後、港湾関係団体新春賀詞交歓会に出席しました。

 1月25日(木)は、午前、本会議に出席した後、午後、党本部で、清和政策研究会議員総会に出席しました。その後、都内のホテルで、理容師法制定70周年記念新春の宴に出席した後、議員会館で、佐伯市の田中市長、大分県保険医協会の皆さん及びJR九州の青柳社長らと面談しました。夕刻、党本部で、都道府県看護連盟会長会懇親会に出席しました。

 1月26日(金)は、午前、本会議に出席した後、国家基本政策委員会に出席しました。午後、本会議に出席した後、議員会館で、役所のレクを受けました。

ページのトップへ

■漁業取締本部の設置 2018年1月21日(日)


 水産庁では、違法漁獲等の取締りをするため漁業監視官や漁業監視船が置かれていますが、それを総括して指揮を執るような組織が行政組織上明確にされていませんでした。そのため、最近の外国船による違法漁獲の増大を踏まえ、今回、水産庁長官を本部長とする漁業取締本部を設置し、漁業取締業務の一元化を図ることとしました。
 水産庁では、海上保安庁と共に違法な漁獲をしている外国船の臨検や拿捕などの危険な業務に従事していますが、海上保安官が公安職であるのに対し、漁業監視官は行政職や海事職であり、武器の携帯ができません。また、階級制度もなく、現在のところ危険業務従事者叙勲の対象にもなっていません。今後、こうした点の改善を図っていく必要があります。

 1月15日(月)は、午後、党本部で、鳥インフルエンザ対策本部に出席し、挨拶した後、議員会館で、役所のレクを受けました。その後、農林水産省で、新たに水産庁に設置された「漁業取締本部」に出席した後、齋藤農林水産大臣らと共に本部の看板掛けをしました。

 1月16日(火)は、午前、大分市で、公明党大分県本部新年互礼会に出席し、挨拶した後、午後、農林水産省で、岩手県一関市議会の皆さんから林産物等の放射性物質汚染対策について要請を受ました。その後、尾﨑高知県知事と面談し、意見交換しました。

 1月17日(水)は、午前、議員会館で、役所のレクを受けた後、農林水産省で、レクを受けました。午後、議員会館で、役所のレクを受けた後、都内で、全国ハイヤー・タクシー連合会新年賀詞交歓会に出席しました。夕刻、都内のホテルで、JA全中新年懇談会に出席し、挨拶しました。

 1月18日(木)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、午後、党本部で、清和政策研究会在京議員昼食会に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けた後、来客と面談しました。夕刻、都内のホテルで、日本司法書士会連合会新年賀詞交換会に出席しました。

 1月19日(金)は、午前、農林水産省で、レクを受けた後、議員会館で、来客と面談しました。午後、都内のホテルで、日本行政書士会連合会新年賀詞交換会に出席した後、在京大分県人会新年会に出席しました。その後、議員会館で、役所のレクを受けました。

 1月20日(土)は、午前、大分市で、麻生栄作大分県議会議員新春のつどいに出席し、挨拶した後、午後、同市で、大友氏顕彰会新年の集いに出席し、挨拶しました。夕刻、佐伯市で、新春ニコニコ慈善パーティーに出席し、挨拶しました。

 1月21日(日)は、午前、大分市で、自衛隊大分地方協力本部創立63周年記念行事に出席し、挨拶しました。

ページのトップへ

■鳥インフルエンザが発生 2018年1月14日(日)


 香川県で、鳥インフルエンザが発生しました。今季初の事例であり、同県でも四国地方でも初めてのことです。今後の全国の発生動向が、気掛かりです。
 インフルエンザには、A型、B型及びC型があり、鳥に感染するのはA型のみです。さらに、遺伝子型によりH1型からH16型までに分類されています。このうち、感染力が強くや死亡率が高い高病原性が確認されているH5型及びH7型のみが法定伝染病とされており、それが確認された場合は、当該畜舎や関連畜舎の全ての鳥が殺処分されることとされています。
 これまで、国内で人に感染した事例は確認されておらず、人から人に感染することはないとされています。しかし、ウィルスは突然変異することもあり、鳥インフルエンザも厳重な監視下に置く必要があります。

 1月9日(火)は、午後、都内で、全国消防機器協会新年名刺交換会に出席し、挨拶しました。

 1月10日(水)は、午前、農林水産省で、省内幹部から年始の挨拶を受けた後、午後、香川県の情報を受け、同省鳥インフルエンザ防疫対策本部に出席しました。その後、議員会館で、JR九州の役員と面談した後、農林水産省で、長野県中信平右岸土地改良区の中村理事長らから要請を受けました。夕刻、都内のホテルで、佐伯市出身の嘉風関を応援する東京嘉風会に出席し、挨拶しました。

 1月11日(木)は、午前、官邸で、副大臣会議に出席した後、午後、農林水産省で、レクを受けました。

 1月12日(金)は、香川県で高病原性鳥インフルエンザ発生が確定したことから、同県に出張し、午後、香川県庁で、浜田県知事と防疫対策事業の進捗状況について意見交換した後、記者会見しました。

 1月13日(土)は、午前、宇佐市で、同市消防出初式に出席し、挨拶した後、午後、大分事務所で、志村学大分県議会議員らから要請を受けました。その後、大分市で、大分県歯科医師会新年互礼会に出席し、挨拶しました。

 1月14日(日)は、午前、大分市で、庄の原佐野線元町下郡工区開通式典に出席し、挨拶した後、久々の架橋となる宗麟大橋の渡り初めをしました。渡り初めには、地元の皆さんを始め、大友宗麟顕彰諸団体の皆さんや母校上野ヶ丘中学校ブラスバンド部の皆さんらも、参加しました。午後、日田市で、井上明夫大分県議会議員の新年互礼会に出席し、挨拶しました。


ページのトップへ

■謹賀新年 2018年1月8日(月)成人の日


 新年は、東京都及び地元大分県では、晴天のうららかな気候の下、明けました。今年こそ、災害や事故のない多くの皆さんにとって平和な日々が続くことを心から祈念します。

 1月1日(月)元日は、午前、皇居正殿で、新年祝賀の儀に出席し、天皇皇后両陛下を始め御皇族方の拝謁とお言葉を賜りました。

 1月3日(水)は、午前、玖珠町で、濱田洋県議会議員の新年互礼会に出席し、挨拶しました。

 1月4日(木)は、午前、別府市で、同市、別府商工会議所等共催の新年祝賀互礼会に出席した後、大分市で、大分県、同市及び大分商工会議所共催の新年祝賀互礼会に出席しました。午後、同市で、新日鐵住金株式会社大分製鐵所の新年互礼会に出席しました。

 1月5日(金)は、早朝、大分市で、同市公設地方卸売市場の水産部及び青果部の初せりに出席しました。午前、同市佐賀関地区及び明野地区の新年互礼会に出席した後、午後、同市鶴崎地区、大在地区、坂ノ市地区、大南地区、野津原地区及び稙田地区の新年互礼会に出席しました。夕刻、同市で、舞鶴会に出席しました。

 1月6日(土)は、午前、中津市で、大友栄二県議会議員の新年互礼会に出席し、挨拶した後、午後、大分事務所で、大分合同新聞社の取材を受けました。

 1月7日(日)は、午前、豊後大野市三重町で、同市消防出初式に出席し、挨拶しました。




ページのトップへ